以前、キャバクラを利用した時の印象は良くなかった
僕はキャバクラの苦い思い出がある。
それは社会人1年目で初めてキャバクラへ行った時のこと。
「可愛くて若い女の子がいいな。あわよくば友達関係になりたい」なんて考えていた僕の隣に着いたのは、なんとシングルマザーの30代だった。
しかも話す内容と言えば

「子どもが最近イヤイヤ期で困っちゃうのよ~」
「保育園の費用が意外と高くて、キャバクラで働いてるの~」
「ドリンクのおかわりちょうだい。あと場内してよ」

と子どもの話かお金の話ばかり。
キャバクラに抱いていた幻想が、ガラガラと音を立てて崩れたのだった。

それ以来、僕はキャバクラに行くのをずっと避けていた。
お金を払って嫌な経験をするなんて、まっぴらごめんだと思ったからだ。

友人おすすめのキャバクラへ行くことに

乗り気でなかったが、キャバクラへ行くことに

しかし、ひょんなことからキャバクラに再挑戦する機会を得た。
飲み会帰りに、友達がおすすめするキャバクラへみんなで行ってみようとなったのだ。
僕は「どうせまた嫌な思いをするだけだ」と思いつつ、お店へと向かった。

―――結果を先に言うと、めちゃくちゃ楽しかった!!!

前の店と違って20代前半の若い女の子しかいなかったし、ノリの良いギャルたちが揃っているお店だったのが良かった。
指名したキャバ嬢にお店選びで失敗した出来事を伝えると

「事前に女の子の年齢層や写真を調べておかなきゃだめだよ~!あと口コミも参考になるよ!」

とアドバイスされた。
もし今後キャバクラに行く機会があれば、このサイトのような体験談を事前にチェックしておこうと心に決めた。