行ってしまう
かけがいのない憩いの場所
営業職の自分にとって、キャバクラは憩いの場所です。
仕事の最中は常に相手に気を使い続けなければなりません。
言葉一つ発する際にも、その言葉を発したらどうなるのかってことまで考えなければならないんです。

気疲れしますけど、それが仕事だから仕方ないじゃないですか。
営業って、相手の要望に応えることなので、こちらの都合ではなく、相手の都合をしっかりと考慮しなければならないんですよね。

でもキャバクラは違うんです。

こちらが気を使う必要はない

リラックスした状態でいられる

いわば立場逆転というか、仕事ではとことん気を使う側として振舞わないといけない自分ですけど、お店では女の子たちが自分に気を使ってくれるので余計な気を使う必要がありません。

むしろ気が休まるし、さらには女の子たちって接客のプロなんです。
だから女の子たちと話していると、楽しいって気持ちだけではなく、参考になることも多いんですよね。
こういったことを言われると嬉しいとか、こういった言い回しは相手を傷つけずに伝えたいことを伝えられるとか(笑)

営業職として参考になることもあるので、勉強しながら気休めにもなるんです。
だから自分のような人間にとっては、理想の場所ですよね。
だからつい、足を運びたくなるんです。